タイミング療法に関する情報をQ&A形式でご紹介

山下レディースクリニック

“クロミッドーhCG、タイミング療法”このままの治療でいいのでしょうか?

はじめまして、私は不妊治療をはじめて一年半になります。一年半前に12週で流産してから毎月月経がはじまって5日目からクロミッド錠を朝晩飲み1週間後に内診し卵胞の大きさを確認、タイミングを合わせるためにHCGの注射をうち指導のあった日にタイミングをあわせるという治療を今まで続けていますが変化がありません。5ヶ月前に卵管造影のけんさを受けましたが異常はありませんでした。私自身少しあせってきている気持ちとこのままの治療でいいのかな?という気持ちがあります。先生ならどんな治療をされますか?また何か私にアドバイスがあればお願いいたします。


回答

流産の後、努力をされておられるのにうまくいかないとのこと。お察しいたします。一度妊娠された方ですので、卵の質、受精能力、着床能力など根本的な部分では問題ないと思われます。クロミッドーhCG、タイミング療法を繰返しておられるそうですね。もう一年くらいにはなるかもしれませんね。性交後に精子は頸管粘液中で生存状態で確認できていたか(フーナーテスト)、確かにタイミングよくエコー上も排卵が確認されていたかがタイミング療法のポイントです。またこれらが問題なかったにしても漫然と長期間にわたり繰返すことには賛成できません。主治医の先生と次のステップ(hMGの使用や人工授精など)について相談されたらいかがでしょうか。

「不妊治療・不妊症Q&A2・・・タイミング療法」一覧に戻る