その他に関する情報をQ&A形式でご紹介

山下レディースクリニック

インフルエンザ予防注射を薦められたのですが・・。

実は職場で、インフルエンザ予防注射を薦められたのですが、とりあえず断りました。風疹の予防注射受けた場合は、半年避妊しないといけない訳ですが、インフルエンザの場合はどうなんでしょうか?年明けに体外受精を考えているのですが、どのようなものでしょうか?私の場合風邪ひきやすいので、この季節はかなり神経使います。今年の1月にも治療の直前にインフルエンザにかかり、治療ができなかったので、実は今回も心配してます。逆に予防注射して、時期を考えて治療した方がよいのですか?高熱が何日も続くと卵の質等に影響でるのかなあなんて思ってしまいます。


回答

インフルエンザが心配な季節がやってまいりました。妊娠を希望されておられる皆さんの中にはワクチンの接種を考えておられる方も多いと思われます。また診察室でもしばしば同様の質問を受けることがあります。皆さんに関心の深いこのテーマについて私なりの回答をさせていただきます。現在行われているインフルエンザワクチンはインフルエンザウイルスを不活化したものです。生ワクチンと違い安全性は高いと考えられますが、受精卵(胎児)に対する影響についての報告が無いのが実情です。従いまして慎重に考えるなら、念のため接種後一定期間妊娠を控えるほうが無難だと思われます。ちなみに避妊期間ですが、生ワクチンである風疹ワクチンの場合は接種後避妊すべき期間は2ヶ月とされております。インフルエンザワクチン接種後1〜2ヶ月で抗体産生が安定いたします。これらのことを考慮いたしまして安全にワクチンを接種するにはその後2ヶ月の避妊をお勧めいたします。

「不妊治療・不妊症Q&A12・・・その他」一覧に戻る